遺言を作成するときの注意点

  • 遺言を作成するときの注意点

    • 遺言を作成する場合、法的に有効になるように注意する必要がありますが、法的に有効であっても内容に問題がある場合には、作成の意図が反映しないことになります。

      書き方のポイントを見ていきましょう。

      京都の相続放棄の情報収集がもっと楽になります。

      まず、遺言には財産をもれなく記載することが大切です。

      大阪の会社設立情報は信頼性が高く、好評です。

      「特定した財産以外の全てを妻A子が受け取る」などと書いておけば、もれがあった場合にも安心です。
      預貯金は変動しますので、割合で書いておくとよいでしょう。

      岸和田の税理士の新しい情報です。

      不動産は取得者を指定しておくと、遺産分割がスムーズになります。
      不動産の所在地など、遺産を特定できるように記載しておくようにします。

      特定できない遺言では、これを使って不動産の相続登記ができません。

      過払い請求情報といえばこちらです。

      相続人や受遺者が先に亡くなった場合、代襲がない場合には無効になってしまいます。

      千葉県の弁護士のことならこちらのサイトをご覧ください。

      補充遺言として、「妻が先に亡くなったら姪に遺贈する」などと入れておきます。



      また、遺留分についても配慮しておく必要があります。



      遺留分は相続人に保証されている相続分のことで、これを侵していて不服がある場合には、侵害されている相続人が侵害している相続人に対して、「遺留分減殺請求」をすることになります。



      トラブルなくスムーズな遺産分割のためにも、考慮しましょう。

      遺言執行者を指定しなくても間違いではありませんが、指定しておいた方が手続きがスムーズです。その際、相続人の一人を指定するとトラブルになる恐れがありますので、信頼できる人や専門家に依頼するとよいでしょう。

  • 関連リンク

    • 相続が発生して、遺言書がある場合には、原則としてその内容に従って遺産分割を行います。自筆証書遺言書の場合には、開封することができず、家庭裁判所での検認手続きが必要です。...

    • 近年、遺産分割に関するトラブルが増加し、遺産分割協議ではまとまらずに、家庭裁判所に持ち込まれるケースが1万件を超えるまでになっています。このうち7割が、遺産5000万円以下という統計結果が出ており、相続トラブルは誰にでも起こりうる問題だといえます。...